一般歯科
  1. TOPページ
  2. 診療案内
  3. 一般歯科

なるべく痛みのない治療を

一般歯科

昔の歯医者さんのイメージというと「痛くて怖い」ということを連想する方も多いかと思います。当院では、なるべく痛みの少ない治療を目指して、以下のことを実践しています。

また、痛みが苦手、少し怖い、などご心配な方は、遠慮なく事前にお声をおかけください。

表面麻酔

表面麻酔

当院では、注射を打つ前に、歯肉に表面麻酔を行います。表面麻酔は、薬をつけた綿を表面に置くだけの作業ですので、痛みはありません。塗ったあと、数分間放置します。

自動麻酔注射

無痛注射

表面麻酔をした箇所に自動麻酔器で麻酔を行います。なお、超極細針を使用することで、より無痛注射へと近づけました。お子様から大人まで使用可能で、この注射により数多くの患者さまが来院されております。

レーザー治療

レーザー治療

皆さんは、歯の治療に対して、痛いもの不快なものという先入観があろうかと思います。不安を最小限にするために、当院では最先端の治療法、レーザー治療を行っています。これにより無痛に近い状態で診察することが可能です。

レーザー治療について>> 詳細

口腔内カメラ

口腔内カメラ

超小型ヘッドのコンパクト口腔内カメラを導入しています。コンパクトヘッドとスリムなアングルネックで、例えば見えない臼歯部へも無理なくアクセスでき、精度の高い映像をモニターに映し出し、見えづらかった角度からの小さな症状も細かくチェックできます。

映像をご自身で見ることができ、視覚的に分かりやすいので、患者さまご自身の口腔内管理の意識向上にも役立ちます。

ダイアグノデント(DIAGNOdent)

ダイアグノデント

ダイアグノデントはカボ社(KaVo 本社:ドイツ)が開発したレーザーを用いた虫歯診断装置です。齲蝕の進行状況を数値表示し、隠れた虫歯を正確に測定し、予防します。

虫歯が知らないうちに進行してしまう前に見えない虫歯を確実に把握することは現在の歯科医療における重要な課題です。歯磨き粉や飲料水にフッ素を添加することは、歯科医療先進国では広く普及しており、それにより歯の表面を強化すると同時に虫歯感染への抵抗力を高めることができます。しかし硬い歯の表面化に隠れた虫歯の診断は大変難しいのが実情です。なぜなら虫歯の進行は、ひとたび、歯の内側に入り込むと瞬く間に柔らかい組織へと広がっていくからです。

まだ痛くない虫歯の初期段階をレントゲンや探針で診査するには限界があります。そこでダイアグノデントは歯科医師でも発見が困難な、歯の表面下にある小さな虫歯の進行管理に威力を発揮します。そして歯科医師・歯科衛生士が隠れた歯質変化を突き止めることを可能にし、歯が内側から崩壊する前に予防対策することで虫歯のの拡大、進行をを抑制することに大変役立ちます。

ダイアグノデント